So-net無料ブログ作成
検索選択

「俺時計」、果たして「美人時計」超えるか?(産経新聞)

 毎分、次々と美人が現れ、手書きボードで時刻を知らせてくれるウェブサービス「bijin−tokei(美人時計)」に触発され、京都市の男性が「ore−dokei(俺時計)」を制作している。

 撮影場所は「俺」の部屋。ベッドの上で妙なポーズを決めるなど、さまざまなスタイルの「俺」が、われわれに時刻を伝えてくれる。

 ユーザーの「誰得」(誰が得をするのか?)の質問に対しては「俺得」と回答。「時計になってチヤホヤされたかったんです。本家からお声がかからないか期待しております」とその心境をつづっている。

 アクセスが殺到しているせいか、最近見づらい状況が続いているが、14‥59まで公開。ポーズのバリエーションに感心して眺めていたが、ふと、そんな俺こそ何をやっているんだろう、と思った。(織田淳嗣)

                   ◇

 http://oredokei.sarashi.com/

【関連記事】
「美声時計」 女性声優12人が声で時間をお知らせ
「美人時計」がテレビ番組に 関西ローカルで放送
美人時計の携帯電話版が登場 限定カレンダーも
渋谷にほぼ等身大「美人時計」 パルコとタイアップ
「街の美女」ウェブを席巻 時間や暦を教えてあ・げ・る

いじめ動画放置、グーグルに有罪判決…イタリア(読売新聞)
店内で2人刺され負傷=殺人未遂容疑で逮捕−大阪府警(時事通信)
参院京都で2人目擁立=民主府連(時事通信)
池袋駅東口のみ上昇=全体は下落基調−四半期地価調査(時事通信)
元作業員側の敗訴確定=原発被ばく訴訟−最高裁(時事通信)

海渡くん虐待死の継父、静岡で強盗事件…再逮捕(読売新聞)

 東京都江戸川区のアパートで1月、小学1年生の岡本海渡(かいと)君(当時7歳)が両親から暴行を受けた後に死亡した事件で、妻(23)とともに傷害罪で起訴された継父で電気工の健二被告(31)が、2009年に静岡磐田市で起きた強盗事件に関与した疑いがあるとして、同県警は24日、健二被告を強盗容疑で再逮捕した。

 発表によると、健二被告は09年6月2日午前、男5人(いずれも強盗容疑で逮捕)と共謀し、同市中泉の会社役員の男性宅に侵入、男性の妻(73)を刃物で脅し、手足を粘着テープなどで縛ったうえ、金庫から約880万円を奪った疑い。健二被告は「やりました」と話しているという。

 健二被告は、男性宅に押し入った3人のうちの1人とみられるという。県警では健二被告ら6人のほかに強盗事件に関与した者がいるとみて捜査している。

紆余曲折の「もんじゅ」をめぐる経過(産経新聞)
平野官房長官「検察の裏金」行政評価は当然(産経新聞)
<五輪フィギュア>高橋銅メダル、最高視聴率27%に(毎日新聞)
GHや通所などの新規開設加速へ―セントケアHD(医療介護CBニュース)
ネズミがコードかじる?豚舎全焼、375頭焼死(読売新聞)

参院選1次公認、来月初め決定=「青木氏は時代的役割終えた」−民主・小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は21日午後、松江市内で記者会見し、夏の参院選の第1次公認候補について「今週いっぱいでできるだけ終える。2、3(選挙区)は残るかもしれないが、来週早々にできるだけすべての候補者を決定したい」と述べ、3月1日の党常任幹事会で決定したい意向を明らかにした。改選数2以上の複数区で、複数の候補擁立にどこまでこぎつけるかが焦点だ。
 会見では、島根選挙区(改選数1)に新人で地元民放テレビの元アナウンサーの岩田浩岳氏(34)を擁立すると正式に発表した。自民党は同選挙区で、青木幹雄前参院議員会長を公認している。小沢氏は「最もシンボリックな、関心の高くなる選挙区だ。党本部としても最重点選挙区として支援態勢を組んでいきたい」と強調。また、青木氏については「時代的役割は終えた」と断じた。
 一方、自らの資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件については、「私自身、候補者が決定すれば全国を行脚するつもりだ。疑問があれば答えていきたい」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

首相「政治とカネが影響」…長崎県知事選敗北で(読売新聞)
普天間移設 シュワブ陸上部案 「最も現実的」…脚光(産経新聞)
日赤、ハイチ大地震活動報告(産経新聞)
<訃報>市村吉五郎さん92歳=歌舞伎俳優(毎日新聞)
「すぐ戻る」と逃走、追いついた運転手を暴行 タクシー強盗容疑で中国籍の男逮捕(産経新聞)

大胆!道ふさぐように残土投棄、相次ぎ3か所に(読売新聞)

 神奈川相模原市麻溝台と新磯野の市道3か所で今月16〜22日、道路をふさぐように大量の残土が捨てられているのが見つかった。

 同市から届け出を受けた相模原、相模原南両署は22日、何者かが意図的に道路をふさいだ可能性が高いとみて、道交法違反(交通妨害)容疑で捜査に乗り出した。

 市の発表によると、今月16日、同市新磯野の市道に残土約6立方メートルが捨てられていた。17日には約2キロ離れた同市麻溝台の市道に約6立方メートルが、22日にも約3キロ離れた麻溝台の市道に約8立方メートルが投棄されていた。通りかかった市民から同署や市に通報があった。

 いずれも、小型のダンプカーなどを使って意図的に道路をふさぐように捨てられており、同市は約70万円かけて残土を撤去した。

 残土には大きな石や泥が混ざっているが、ほかに混入物はないことから、同署は「産業廃棄物にはあたらない」とみて、産業廃棄物処理法違反(不法投棄)ではなく、道交法違反容疑で捜査することにした。

 3か所の現場は、畑や市立公園、産廃処理業者の作業場などが多い場所。市は周辺一帯のパトロールを強化するとともに、目撃情報提供を呼びかける看板を設置する。

<訃報>宮内婦貴子さん76歳=脚本家(毎日新聞)
印刷局、財務省に戻すことも=独立法人へ天下り「巧妙」−枝野行政刷新相(時事通信)
糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研(医療介護CBニュース)
「守り」の党首討論に決意=鳩山首相(時事通信)
東京・練馬でアパート火災、幼児2人死亡(読売新聞)

トキが求愛行動=「枝渡し」、繁殖に期待−新潟・佐渡(時事通信)

 国の天然記念物トキの野生復帰を目指し、新潟県佐渡島で2008年から放鳥された計30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、1歳の雌と3歳の雄が枝をくちばしで渡す「枝渡し」をする姿が19日までに、確認された。枝渡しはトキの求愛行動で、繁殖への期待が高まっている。環境省によると、特定の雌と雄が継続的に枝渡しする姿が確認されたのは、放鳥後初という。
 同省によると、1歳の雌は2月上旬に本州から同島に戻り、この雄と7日から島内で一緒に行動している。2羽が枝渡しする姿が数回確認されているが、雌は別の3歳の雄と枝渡しすることもあり、どの組み合わせで繁殖に至るか流動的な状況という。 

【関連ニュース
希少種アホウドリのヒナ死亡=土砂流入で
本州に飛来のトキ、再び佐渡へ=昨年3月に続き2例目
トキ、本州側に飛来=2次放鳥では2羽目
移送トキ、繁殖ケージに=40年ぶり「里帰り」
分散飼育で石川県へ移送=トキの雄雌4羽

シー・シェパードに日本女性 拡声器使い「3億円」を要求(J-CASTニュース)
小沢氏「ネットやラジオの世論調査はまったく反対の数字」(産経新聞)
社民の反対「不愉快」=国民新・下地氏(時事通信)
ツシマヤマネコに楽園を、保護団体が山林購入(読売新聞)
<党首討論>政策論議置き去り 「政治とカネ」新味なく(毎日新聞)

<訃報>市村吉五郎さん92歳=歌舞伎俳優(毎日新聞)

 市村吉五郎さん92歳(いちむら・よしごろう<本名・義直=よしなお>歌舞伎俳優)17日、就下性肺炎のため死去。葬儀は23日午前10時、東京都荒川区町屋1の23の4の町屋斎場。喪主は長男で歌舞伎俳優の市村家橘(いちむら・かきつ)さん。

 十二代目片岡仁左衛門の次男で、十五代目市村羽左衛門の養子となった。47年に十六代目市村家橘、67年に二代目吉五郎を襲名。立ち役として活躍し、公家役などを得意とした。あたり役は「建礼門院」の平有盛や「業平吾妻鑑」の業平など。98年4月を最後に舞台活動を休止していた。

<検察会同>「検察として深い反省」足利事件で検事総長(毎日新聞)
千葉大生殺害、ATM男「被害者宅入りやすそう」(読売新聞)
移転せず再整備を=反対派グループが提案−築地市場問題(時事通信)
<宝くじ>グリーンジャンボ、全国一斉に発売(毎日新聞)
メディカルアライアンスの格付け据え置き―JCR(医療介護CBニュース)

<仙谷国家戦略相>事務次官廃止、引き続き検討(毎日新聞)

普天間移設 シュワブ陸上部案 「最も現実的」…脚光(産経新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で17日、米軍キャンプ・シュワブ(名護市辺野古)陸上部への移設案が注目され始めた。鳩山由紀夫首相が検討案の一つに位置づけたことに加え、国民新党も陸上部案を掲げたため、5月決着に向けて政府・与党での検討作業は陸上部案を軸に進む可能性が出てきた。政府関係者は「もっとも現実的な案だ」としている。

 国民新党は17日、米軍嘉手納基地(嘉手納町など)への統合案に加え、シュワブ陸上部案の2案を了承した。米政府が現行計画の履行を求める中で、日本政府にも現行計画に近い陸上部案を推す声がある。滑走路建設で海を埋め立てる必要がなく環境への影響が少ない上、既存の米軍施設内のため反対も少ないとの判断からだ。

 社民党の阿部知子政審会長も17日、福島瑞穂党首が陸上部案を批判したことに対し「(政府・与党の)沖縄基地問題検討委員会以外の場で批判するのは仁義がなさ過ぎる」と苦言を呈した。さらに阿部氏は「沖縄県外であってほしいという思いはあるが、委員会以外の場で批判し合ったら、何のための委員会か分からなくなる」など、陸上部案を排除しない考えを強くにじませた。

 ただ、陸上部案については、名護市の稲嶺進市長がこの日、北沢俊美防衛相らとの会談で強い難色を示している。また、自民党政権時代には、米側が反対した経緯もある。

食道に気管チューブ=口内洗浄後、入院患者死亡−熊本(時事通信)
ラジオ体操帰りの高齢女性狙う=ひったくり容疑で中学生2人逮捕−警視庁(時事通信)
訴訟合戦に終止符=携帯虫よけ器で和解へ−アース、フマキラー(時事通信)
「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)
<JR宇都宮線>乗客1000人一時閉じこめ 電気トラブル(毎日新聞)

平松市長「大都市圏州を」 橋下構想に対抗する狙い(産経新聞)

 大阪市の平松邦夫市長は12日、今後の道州制導入を見据えて政令市の権限を強化し、近隣自治体とともに道州から独立した行政体となる「大都市圏州」を目指す考えを表明した。大阪府の橋下徹知事が府市解体・再編を提唱して以降、平松市長が自治体再編のあり方に言及したのは初めてで、「橋下構想」に対抗する狙いがあるとみられる。

 平松市長はこの日の市議会大都市・税財政制度特別委員会で「関西では都市の力が発展を担ってきた。各都市を分断せず都市同士の連携を強めることが必要」と指摘。「各都市の調整機能の役割を果たすのが大都市圏州。今後このような姿をイメージして検討を進めたい」と述べた。

 大阪市は昨年2月に横浜名古屋両市とともに、都市州制度を創設し、道州制の実現前から各府県から独立した自治体となる構想を提言。現在の市域で独立する「単一都市州」と、近隣自治体とともに独立する「大都市圏州」が考えられるとしていた。

【関連記事】
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告
「いきなり府市解体」大阪市長が橋下構想に疑問
橋下府知事、府市連携から再編 「決別」の狙いは? 
橋下知事「大阪市長とはかみ合わない」
平松大阪市長が府市協調などの成果を強調 就任2年インタビュー

たまゆら火災ずさん管理「避難路灯油タンク」(読売新聞)
米の防衛義務、竹島には「生じない」 政府答弁書(産経新聞)
「5億円送金しろ…」浜崎あゆみさん宅に脅迫文(読売新聞)
米自治領知事、受け入れに前向き=11日にグアム視察−沖縄委(時事通信)
JR宇都宮線が運転再開 3万5千人「困った」(産経新聞)

九州南部で春一番=昨年より2日早く−鹿児島地方気象台(時事通信)

 鹿児島地方気象台は11日、九州南部と奄美地方で春一番が吹いたと発表した。前線を伴った低気圧が九州付近を通過したためで、昨年より2日早いという。
 11日午後3時までに観測された各地の最大瞬間風速は鹿児島市で23.6メートル、鹿児島県枕崎市で21.1メートルなど。 

上島珈琲キャンペーン中止 ツイッターで「炎上」相次ぐ(J-CASTニュース)
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ(産経新聞)
再診料690円に統一…開業医不満の20円下げ(読売新聞)
<ビル売却脱税>暴力団組長を起訴 東京地検特捜部(毎日新聞)
公務員法、閣議決定見送り=降格規定に総務相が異論(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。