So-net無料ブログ作成

「車が泥はね服に」とウソ、7万円だまし取る(読売新聞)

 「おたくのトラックに泥をかけられた」などとウソを言って、兵庫県内の電気工事会社からレンタル衣装代の名目で約7万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は19日、住所不詳、無職黒木昌男容疑者(65)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。

 大阪や東京、福岡などで昨年10月以降、社名入りの車を使っている企業などに、ジュースや牛乳のパックを踏んだという同様の手口で、衣装代などを要求する約70件(計約450万円)の被害が確認されており、府警が関連を調べている。

 発表によると、黒木容疑者は、今年2月1日、タクシー運転手を装って兵庫県尼崎市の電気工事会社に電話し、「おたくのトラックがはねた泥で客の服が汚れた。客に電話してほしい」と連絡。さらに客を装って、「汚れた礼服のレンタル代を払ってほしい」などと要求し、銀行口座に約7万円を振り込ませ、詐取した疑い。

 黒木容疑者には共犯がいるとみられるが、「何も言いたくない」と話しているという。

知的障害児施設で虐待、身体拘束など441件(読売新聞)
菅家さんの選挙権回復(産経新聞)
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)
火山噴火 成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)

「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す−長女優希ちゃん(時事通信)

 【ヒューストン(米テキサス州)時事】「ママ、シャボン玉お願いっ! 」。国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する山崎直子さん(39)。激務を日々こなし、19日朝(日本時間同日夜)の帰還まで1週間を切った。そんな中、小学2年の長女優希ちゃん(7)は、ある「宇宙実験」を心待ちにしている。
 山崎さんの自宅は、ヒューストンのジョンソン宇宙センターから車で約5分の場所にある。今は夫大地さん(37)と優希ちゃんが留守を守る。
 「ママがいなくて、ちょっと寂しい時もあるけど、帰ってくるのが楽しみ」と優希ちゃん。1月から親子3人で空手教室に通っているが、山崎さんの宇宙滞在中、2人は白帯から黄帯に進級。報告すると「おめでとう」と返信が来た。優希ちゃんは「白帯のママに早く見せたい」と自慢げだ。
 そんな優希ちゃんの一番の楽しみは、無重力でのシャボン玉実験。きっかけは2年前。幼稚園の自由研究で大地さんと絵の具などを使い、赤や黒のシャボン玉を作ろうとしたが、色は付かなかった。シャボン玉の下のしずくの部分だけに色が付き、薄い膜状の本体は透明になった。
 2人はひらめいた。「重力がなければしずくが全体に広がり、色が付くのでは」
 そして今回、宇宙に行く山崎さんに実験を託した。実験は空いた時間を使い、ISSにある道具だけでやらざるを得ない。大地さんによると、山崎さんはシャボン玉を水で作ったが、色付きを作る実験ができたかは不明。今後の日程などを考えると難しい面もある。
 でも優希ちゃんはあきらめない。「オレンジ、赤、ピンク、いろんなものを作ってね」とわくわくして待つ。ママがいる宇宙。「うーん、一度でいいから行ってみたいかな」とさらに目を輝かせていた。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕月面着陸から40年 アポロ11号

問題多い民主党の公務員改革(産経新聞)
日露首脳年内3回会談 領土問題 首相、9月に訪露(産経新聞)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す−長女優希ちゃん(時事通信)

衝撃!「よし、8人始末した」 米軍ヘリの極秘動画公開(J-CASTニュース)

 米軍の攻撃ヘリが、イラクで通信社の記者含む約10名を攻撃する様子が生々しく撮影された機密動画が注目を浴びている。機関砲を撃ちまくって殺す、というショッキングな内容だ。YouTubeでは80万回近く再生され、これを見た世界各国の人から非難のコメントが殺到している。

 この動画は、米国の内部告発サイト「WikiLeaks」によって2010年4月5日、公開された。事件は首都バグダッドで、2007年に起きた。米陸軍アパッチ攻撃ヘリの砲撃により、ロイター通信の記者2名を含む約10人が犠牲になったが、その時の様子を、ヘリから白黒で撮影したもので、兵士達の会話も生々しく記録されている。

■死亡したのは民間人かテロリストか

 ヘリは、上空から市街を歩く10人ほどの集団を確認する。みな普通の服装で、2名ほど武器を持った人物もいるが、それ以外は丸腰だ。パイロットは「5〜6人がAK47(自動小銃)を持っている」と報告。発砲許可を求め、「攻撃は自由だ。以上」という答えが返ってくる。

 ヘリは攻撃のタイミングを伺うが、その時ビルの建物の影に、筒のようなものを持った人物が隠れる。これを「RPG(ロケットランチャー)を持った奴がいる!」と報告し、「全員やっちまえ」と、上空から機関砲を連射。

 砲撃で一体が砂煙だらけになるが、砲撃は続き、「よし、8人始末した」。会話には笑い声も交わり、まるでゲーム感覚だ。路上にはバラバラに飛び散った死体が見られる。

 米国の報道などによると、後の調査で、ロイター通信のフォトジャーナリストが持っていたカメラを、パイロットがロケットランチャーと勘違いしたことが分かったという。動画では、その後負傷者を救出するためにやってきたワゴン車を砲撃する様子も記録されている。

■「これが戦争というもの。人が死ぬのは仕方ない」

 この動画はYouTube上にアップされ、11日現在までに約76万回再生された。コメントも大量に寄せられており、米国のユーザーからは

  「おれには武器に見えるけどね。この地域では、彼らはよく武器を持ち歩いているそうだし、このビデオからは彼らが無害な一般市民であるという証拠は読み取れない」
  「これが戦争というもの。人が死ぬのは仕方ない」

といった米軍擁護の意見も見られる。

 しかし一方で、

  「米国人はテロリストじゃないか。おれは引っ越したくなったよ」
  「こうした馬鹿げたことの言い訳に、『戦争だから』っていう言葉がよく使われるけど、戦争なら動物のような振る舞いをしていいのかい?」

といった非難の書き込みが多数寄せられている。米国人にとってはかなりショッキングな映像だったようだ。

 米国以外からは「彼らはテロリストじゃない、自分たちの国を守っていただけ。米国人には全てのアラブ人がテロリストに見えるんだろうね」(スペイン)、「米国が言っていた大量破壊兵器は見つかったのか?」(メキシコ)といった米軍を非難するものがほとんどだ。

 日本では、ニコニコ動画に掲載され、「ひどい…」「これはないわ」といったものや「疑心暗鬼にならなくても武器に見える」といったコメントが寄せられている。


■関連記事
イラン美少女惨殺を速報 メディア変える「ツイッター」 : 2009/06/22
シー・シェパードに大賛辞 環境雑誌「ソトコト」の問題特集 : 2010/04/05
「靴投げ事件」ゲームが続々登場 ブッシュのSPもこれで訓練!?  : 2008/12/16
自己責任論で自殺考えた 女性救ったイラクからのメール : 2010/03/04
在住邦人が罹る心の病、「パリ症候群」って何だ? : 2010/04/08

長谷川等伯展 京都でも10日開幕(毎日新聞)
NASA 「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに(毎日新聞)
ODA座長人事に「遺憾」=受注側が評価兼ねる−外務副大臣(時事通信)
張り紙はがしで免職は違法=阿久根市処分取り消し−裁量権を乱用と認定・鹿児島地裁(時事通信)
参院比例に3人擁立=維新新風(時事通信)

伊蔵・魔王…幻の焼酎、無免許ネット販売で摘発(読売新聞)

 インターネットで酒類販売業免許がないのに焼酎などを販売した個人や企業に対し、国税当局が酒税法違反(無免許販売)での摘発を本格化している。

 ネット取引の拡大と、焼酎ブームの影響で、2008年度まで3年連続で全国の摘発数が20件を超え、増え続けている。「免許がいるのは知っていたが、ばれないと思った」という故意犯が大半で、国税当局は「思わぬ値がつき、味をしめて出品し続ける傾向がみえる」と分析、取り締まりを強める。

 大阪国税局によると、ネットのオークションサイトでは、特に、焼酎を売買する例が目立つという。“幻の焼酎”とされる鹿児島の芋焼酎「森伊蔵」は、製造元などが定価2500円(一升瓶)で抽選販売しているが、オークションでは2万〜3万円の値が付く。鹿児島の芋焼酎「魔王」、宮崎の麦焼酎「百年の孤独」なども、オークションでは定価の8〜10倍にもなる。

 高値に目を付け、酒を入手した個人や会社が無免許のままインターネットで販売を手がけるようになり、全国の摘発数は05年度の11件から06年度は21件に急増。07年度は22件、08年度は26件と増え続けている。大阪国税局は08年度、近畿2府4県で5件の不正を確認し、計124キロ・リットル分の無免許販売を摘発した。

 同国税局によると、兵庫県内の会社員男性は、趣味で集めた焼酎などを4年間に約1000本(計約1000万円)、オークションで販売。京都府内の会社員男性は「住宅ローンの返済のために」と、ネット通販などで買い付けた人気焼酎をオークションで転売し、4年間で約3000本(約1400万円)を売った。

 酒販業でない会社が、別の企業の倒産に関連して入手した酒類約52キロ・リットル(約3500万円)を同様に売った例も。

 いずれも酒税法違反で罰金を支払ったという。現行の酒税法では、無免許で酒類を販売すると1年以下の懲役または20万円以下の罰金が科される。売り上げを申告しなければ追徴課税される。

 ◆酒類販売業免許=酒税法上、酒類を販売する場合、販売場所を所管する税務署長から免許を受ける必要がある。個人が不要になった1本を売るなどの場合、免許はいらないが、継続的に大量にさばくなど、事実上、業として販売する場合は免許が必要。

<強風>交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)
放火 銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形(毎日新聞)
上方漫才 「中川家」が大賞受賞 奨励賞は「笑い飯」に(毎日新聞)
新党 二枚看板協調カギ 邦夫氏・鴻池氏見送り(産経新聞)
<阿久根市長>賃金不払い容疑で元係長の弁護士が告発(毎日新聞)

<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)

 児童虐待に対応するための親権制度見直しを巡り、厚生労働省は31日、社会保障審議会児童部会専門委員会(委員長、才村純・関西学院大教授)の初会合を開いた。民法改正に連動した児童福祉法などの改正に向け、子供の権利を重んじる視点で、施設入所児の親の親権制限などを協議することが確認された。

 初会合では、委員から「子供はなぜ施設に保護されているのか納得できていない面もある」「子供の権利を尊重し、子供の視点で論じていくべきだ」などの意見が出された。

 厚労省は法務省と連携し、11年度内の法改正を目指している。

【関連ニュース】
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
臓器提供児童:虐待の有無確認 厚労省方針
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
厚労省:グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知
軽費老人ホーム:設置基準緩和の「都市型」容認へ…厚労省

登山者への注意徹底を指示=大雪山系遭難受け業界団体に−観光庁(時事通信)
<中国毒ギョーザ>日本に捜査員を派遣へ 中国公安当局(毎日新聞)
<拉致問題>対策本部の事務局長代理に三谷秀史氏(毎日新聞)
秋葉原 防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台(毎日新聞)
<元次官宅連続襲撃>小泉被告が控訴 死刑判決不服で(毎日新聞)

平野官房長官、沖縄知事と今夜会談=普天間、検討状況説明へ(時事通信)

 平野博文官房長官は1日夜、沖縄県の仲井真弘多知事と都内で会談する。平野長官が呼び掛けたもので、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題について意見交換。沖縄県外へ基地機能移転を進めつつ、当面はキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)、最終的にホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に2段階で移設するとした、検討中の政府案を説明するとみられる。 

【関連ニュース】
沖縄の理解に全力=鳩山首相
退路断った鳩山首相=普天間、5月決着に展望なく
背水・谷垣氏、「攻め」アピール=詰め甘く、評価分かれる
党首討論要旨
首相の答弁を批判=公明代表

企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低−厚労省調査(時事通信)
平安女学院のシダレザクラは「醍醐の花見」の子孫(産経新聞)
<無人偵察機>実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場(毎日新聞)
新年度予算案、参院委で可決…今夕成立へ(読売新聞)
比例候補、一定割合女性に=共同参画計画で言及検討−政府(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。